多文化・環境共生型野外フリーイベント みんなちがってみんないい

開催のあいさつ

このイベントも四半世紀を経て、国際交流から多文化環境共生へ、少しづつ形を変え続いていきます。
世界ではいろんなことが起き、時代は変化し、今もまた新たな展開が。ボブ・ディランの「時代は変わる」を想います。
“みんなちがってみんないい”という言葉も、いろんなところで使われるようになりました。すべては、お互いを認め合うことからはじまるのではないでしょうか。
東日本大震災から7年。震災後生まれた危機感が薄れていかないように「3月11日午後2時46分」を記憶にとどめましょう。
そして、今年も川原でたくさんの出会いを楽しみましょう。

2018年 3月吉日 実行委員長 保高泰一

During the past quarter century, the aim of this event has gradually changed from international cultural exchange to multicultural and environmental coexistence. Many things have happened in the world, times have changed, and we are facing a yet another phase today, reminding me of “The Times They Are a-Changin'” by Bob Dylan.
The expression, “We’re different, and that’s great” has also come to appear elsewhere. We believe that we can make a difference by first recognizing each other.
Seven years have past since the Great East Japan Earthquake. Lest we forget the sense of crisis that emerged after the disaster, let’s keep in mind, “2:46PM, March 11th.”
And let’s enjoy meeting many people at the riverside, as always.

Chairman of the Committee, Hotaka Taichi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP